キャンペーン実施中!
  • オススメサービス
  • ペンキプラス
  • アク洗い
  • マットスプレー
  • カラーシミュレーション

リフォームもお任せください!

株式会社フジモト建装
0120-116-510 受付時間9:00~19:00
24時間受付中 写真で見積もり!

■所在地
岐阜県岐阜市東中島3丁目16番6号

■対応エリア
・岐阜県
岐阜市、各務原市、関市、美濃加茂市、可児市、多治見市、羽島市、海津市、大垣市、山県市、不破、揖斐

・愛知県
一宮市、犬山市、稲沢市、江南市、小牧市、春日井市、岩倉市、清須市

株式会社フジモト建装 Facebook
株式会社フジモト建装 Twitter

HOME > 現場日記 > 世間話 > 外壁塗装の見積もり書の注意点についてご紹介!

現場日記

< 外壁の劣化原因やその対策方法についてご紹介いたします!  |  一覧へ戻る  |  シミの原因は雨漏り?天井の雨漏り修理について >

外壁塗装の見積もり書の注意点についてご紹介!

みなさんが外壁塗装を行う際、いきなり施工を始めるのではなくまずは見積書の作成を行うことが多いかと思います。
しかし、外壁塗装は滅多に行うものでもありませんし、見積もり書のどこを見れば良いのか、またどんな風に見積もってもらえば良いのか分からないといった方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、外壁塗装の見積書の注意点について2点ご紹介いたします。


□塗料のランク

外壁に使用される塗料には様々な種類があります。
主成分の違いでもいくつかランク分けされており、基本的に値段の高い塗料ほど耐久性も高く長持ちする塗料と言えます。
多くの塗装業者は外壁や屋根に使う塗料は比較的ランクの高い塗料を使用することが多いです。


しかし、その他の雨戸やサッシ部分の塗装に使用する塗料のランクを下げる、また違う塗料を使うといった業者もあるようです。
そうした際、たしかに塗装費用は安く抑えられるかもしれません。


しかし、5年後や10年後、ランクの低い塗料を使用した部分だけ、塗料の塗り直しをしなくてはいけない事態に陥る可能性が高まります。
一部分だけわざわざ塗装し直すのも手間と費用がかかります。しかし、放ったらかしにすると今度は家の構造自体にも、悪影響を及ぼしてしまいます。
目先の金額の安さだけにとらわれずに、見積書の内容をしっかり理解し細かい部分まで目を通すようにしましょう。


□塗装面積を複数業者で比較

また、見積書の作成を依頼する際、いくつかの業者に作成してもらいそれぞれを比較することをおすすめします。
塗料のランクや何度塗りか、ケレンの有無に関しては比較しなくても分かる項目です。


しかし、塗装面積に関しては、複数の業者を比較してみないと適正なのか判別が付かないケースがございます。
どこの業者も多少の違いはもちろんございます。
しかし、あまりにも他の業者の数値とかけ離れた塗装面積を算出している業者があった場合、その業者へは施工を依頼することをおすすめしません。
もしも複数の業者に見積もりを依頼するのが面倒だという場合には、延べ床面積×3.3×1.2という式でも概算が出せます。
その数値とかけ離れているかどうかで、業者の信頼度を測るという方法があるということも知っておきましょう。


□さいごに

以上、今回は外壁塗装の見積書の注意点として塗料のランクと塗装面積についてお伝えしました。
みなさんも出来上がった見積書の善し悪しを区別し、信頼のできる塗装業者に依頼しましょう。

カテゴリ:

< 外壁の劣化原因やその対策方法についてご紹介いたします!  |  一覧へ戻る  |  シミの原因は雨漏り?天井の雨漏り修理について >

同じカテゴリの記事

岐阜県のリフォーム業者を選ぶ時は、評判や口コミを必ず押さえよう

「家をそろそろリフォームしたいんだけど、どのような業者に依頼したらいいかわからない、、、」

業者選びの際どういうところをみたらいいのかわからないという方は多くいらっしゃいます。

そこで今回は、岐阜県の業者選びで見るべきポイントをご紹介します。


□押さえておくべきポイント

業者選びの際は、4つのポイントを押さえましょう。


*建設業の許可を取得しているか

建設工事を行う場合、通常は建設業の許可が必要ですが、500万円以下の工事の場合は許可を取得せずに工事を行えます。

そのため、ほとんどの外壁塗装工事では許可は必要ありません。

しかし、建設業の許可を持っているということは、県から技術力が認められているということなので、安心して施工できます。


*自社で施工をしているか

実は外壁塗装業者の中には、自社で施工しない業者もあります。

依頼を受けると下請け業者に丸投げしてしまうというケースも残念ながら起こっています。

もちろん費用が安いというメリットはあるのですが、長期的な視点で見ると信頼できる質のいい施工を行なった方が良いでしょう。

さらに、直接みなさんが下請け業者と連絡をとるわけではないので、トラブルが起きやすくなるというデメリットもあります。


*見積もり書に詳細が記入されているか

見積書の内容を意図的にわかりづらい表記をして、見積もりの金額を高く設定する業者がいる可能性があります。

そのため、材料の詳細や、細かな施工方法などを開示できる業者が望ましいでしょう。


*アフターフォローや保証が充実しているか

保証がつけられるということは、自社の施工に自信を持っているという表れでもあるので、信頼できる業者かどうかを見分けるポイントになります。

塗装工事をしてそのままほったらかしではなく、アフターフォローをしっかりと行い、メンテナンスを行うことが外壁の耐久性を守ることにつながります。

業者選びの際はアフターフォローや保証を見ておくことが大切でしょう。


□評判や口コミを使って見極めよう

上記で押さえておくべきポイントをご説明しましたが、「実際のところ見分けるのが難しい」と思う方が多いですよね。

そのようなときには、「評判」と「口コミ」をみましょう。

評判や口コミは、実際に施工を依頼した方が書いています。

そのため、情報として一番信頼できるのが評判と口コミなのです。
具体的には「地域の評判」「施工実績」「お客様の口コミ」などの情報をみておくと判断しやすくなるでしょう。

さらに、実際に施工した住宅を見に行き、前回施工を依頼した方に直接聞くと、より安心して塗装工事を行うことができるのでオススメです。


□まとめ

そこで今回は、岐阜県の業者選びで見るべきポイントをご紹介しました。

見るべきポイントは、「許可を取得しているか」「技術力があるか」「見積書は適切に書かれているか」「保証は充実しているか」の4つです。

口コミや評判を基準にこの4つをみていくと良いでしょう。

当社では、たくさんのお客様から口コミや評判をいただいています。

もしリフォームや外壁塗装をお考えでしたら、気軽に当社にご連絡くださいね。

岐阜で外壁塗装をしよう!DIYでやる方法をご紹介します

「外壁塗装をDIYでしたいけど、どのようにしたらいいのかわからない…」

外壁塗装の費用は決して安くはないため、自分の力でできたら費用も抑えられて嬉しいですよね。

ただ、自分でする場合はどのような道具が必要なのか、また本当に自分だけでもできるのか疑問に思う方は多いと思います。

そこで今回は、外壁塗装をDIYでする方法と流れをご紹介します。


□外壁塗装の流れ

DIYで外壁塗装を行う際の流れをみていきましょう。

塗装の流れは大まかに分けて3段階あります。

1.塗装の下準備

2.塗装

3.後片付け

それぞれ順番に詳しくみていきましょう。


*1.塗装の下準備

下準備は、足場の組み立てから行います。

足場に関しては、必ず業者に依頼して組み立ててもらいましょう。

ホームセンターで買って自分で取り付けると不安定になり、大事故に繋がってしまいます。
次に、外壁の洗浄を行います。

塗料がしっかりと外壁に吸着できるように、あらかじめ外壁の汚れを落としましょう。

高圧洗浄機をホームセンターで購入するか、レンタルして洗浄するのがおすすめです。
最後に養生を行います。

養生とは、ビニールをテープで固定し、塗料が他の場所につかないようにカバーを作ることです。


*2.塗装

準備が整ったら、塗装していきます。

塗装は3回行わなければ耐久度が高くならないので、必ず3回にわけて塗りましょう。

1回目は外壁と塗料をくっつける下塗り用の塗料を塗ります。

2回目、3回目は中塗り・上塗り用の塗料を重ね塗りします。
みなさんが見かける外壁の塗料は中塗り・上塗り用の塗料で、見た目に直結するこの塗料を慎重に選部ことがきれいな壁に仕上げるために重要です。


*3.後片付け

塗料が乾いたら、養生していたテープを剥がして、再び業者に依頼して足場を解体してもらいます。


□外壁塗装をDIYでする前に知っておいていただきたいこと

外壁塗装を行う際の流れを知っていただけたと思います。

「なんだ、外壁塗装って簡単なんだ。自分でやってみよう。」と思った方は少しお待ちください。

実はDIYで行う外壁塗装には無視できないデメリットがあります。


*リスクが高い

足場の上に立って作業を行うため、慣れてない場合は注意が必要です。

上り下りの際や塗装の際にバランスを崩して怪我をすることがあります。
そして、「足場は費用が高いから」という理由ではしごや脚立を使って作業をする人がたまにいますが、絶対にやめてください。

何度も言いますが、塗装に慣れていないとバランスを崩してしまうので、とても危険です。


*クオリティが低くなってしまう

外壁塗装は塗り方や適切な作業工程が重要です。

業者と同じ塗料を使っても、仕上がりが全く違うということがよくあります。

耐久性や防水性などが十分に発揮されないことがあるため、長い目で見ると「業者に依頼した方が安かった」ということが起きる可能性もあります。


□まとめ

今回は、外壁塗装をDIYでする方法、そして注意するべきところをご紹介しました。

時間やメンテナンスコストを抑えるためには業者に依頼した方が確実です。

DIYで塗装するのが難しかった場合は、安全かつきれいに仕上げるために、気軽に当社にご相談くださいね。

岐阜県で外壁塗装をするなら、塗料の種類を知ろう

「そろそろ外壁を塗り替えようと思うけど、結局どのような塗料を選んだらいいんだろう?」

外壁塗装の塗料にはたくさんの種類があるので、選ぶのが難しいですよね。

そこで今回は岐阜県でおすすめの塗料をご紹介します。


□岐阜県の気候に合わせた塗料を使おう

 

岐阜県は山間部と平野部の二つの気候区分があります。

山間部では冬の寒さが厳しく、平野部は夏が暑いという特徴があります。

実は塗料にも、温度の低下を抑えるのが得意な塗料と、温度の上昇を抑えるのが得意な塗料があります。

そのため、みなさんがお住いの地域によって、おすすめの塗料は変わってきます。

それぞれの地域でおすすめの塗料の種類を見ていきましょう。


*山間部の地域にある住宅におすすめの塗料

 

少しでも冬の寒さを和らげる塗料を使いましょう。

おすすめは断熱塗料です。

断熱塗料は熱の侵入を遮断できるため、外の冷気を家に入れず、室内の温かさを逃さないという特徴があります。

そのため、冬の寒さを解消することができます。


*平野部の地域にある住宅におすすめの塗料

 

平野部は夏場がとても暑くなるので、遮熱塗料を使うのをおすすめします。

遮熱塗料は、太陽からの熱を貯めずに反射できるので、屋根の温度や室内温度の上昇を防ぐことができます。


□当社で扱っている塗料はこんな種類があります

 

当社では、上記で紹介した「断熱塗料」「遮熱塗料」を使った塗装が可能です。


*断熱塗料「ガイナ」

 

ガイナはJAXAのロケットの断熱技術を応用して作られた塗料です。
http://www.fujimotokensou.com/paint/category/gaina/
-100度から150度まで耐えられる性能があるので、ガイナを塗るだけでどれだけ寒くてもしっかりと断熱してくれます。

寒さを防ぐだけでなく、夏場の温度上昇も抑えてくれるという優れものです。

さらに、遮熱機能や結露防止機能もあるので、外壁の耐久力を高めてくれます。

「高機能な塗料を使いたい!」という方はこの塗料を選びましょう。


*遮熱塗料「サーモアイ」

 

サーモアイは、熱を反射して温度上昇を抑えることができる塗料です。
http://www.fujimotokensou.com/paint/category/thermoeye/
太陽光が屋根に当たり、熱エネルギーに変わることで屋根の温度が上昇するのですが、サーモアイは太陽光自体をカットするので温度上昇が起こりにくくなります。

そのため、夏場の暑さを和らげることができます。

平野部に住んでらっしゃる方におすすめです。


□まとめ

 

今回は岐阜県の平野部や山間部でおすすめの塗料をご紹介しました。

岐阜県は山の方と平野の方では気候が違うので、ご自身がお住いの地域の気候の特徴に合わせた塗料を使いましょう。

さらに当社では、外壁を守るための「UVカットできる塗料」もありますので、どの塗料を使ったら良いかわからないという方は、お気軽にご相談くださいね。

岐阜県で外壁塗装をするなら、塗料の種類を知ろうの続きを読む

外壁の劣化原因やその対策方法についてご紹介いたします!

築年数が経つと、住宅に様々なボロが見られるようになりますが、外壁の劣化もその一つです。
外壁が劣化すると見た目が良くないのはもちろん、そのままにしておくと住宅の性能にも悪影響を及ぼす可能性があります。
そこで今回は外壁の劣化原因、またその対策方法についてご紹介いたします。


□外壁の劣化原因

*経年劣化

外壁の劣化原因として挙げられる主な原因に経年劣化があります。
年数が経つにつれ、外壁に使用している塗料の性能も低下していきいます。また、壁そのものが長年の使用に伴い、強度が低下していくのです。
外壁にも、外壁に使用する塗料にも寿命があり、種類によって寿命は異なるものの10年前後で寿命を迎えることが多いようです。
経年劣化が進むと、外壁がひび割れを起こしたり、シーリング材が汚れてきたりします。


*雨風や紫外線

外壁は1年中外にさらされた状態です。
特に屋根は紫外線や雨を遮るものがないため、最も影響を受けやすく劣化しやすい場所だとも言えます。
紫外線は、外壁に使用する塗料に含まれる化学物質を分解して、強度を弱めたりすることもございます。
また、台風などの自然災害によって急激に劣化が進む、というケースもよく見受けられます。


□外壁の劣化対策

*外壁塗装を塗り替える

外壁の塗装は寿命があるため、定期的に塗り替えることをおすすめします。
みなさまはご自分の住宅にどのような壁材を使用し、どのような外壁塗料を使用しているかご存知ですか?
定期的な塗り替えと言いましても、外壁の性質によって適切な塗り替え時期は異なります。


まずはみなさまがお住まいの住宅に、どのような素材が使用されているか、把握することをおすすめします。
最近では性能の高い機能性塗料が様々な会社から発売されています。
色や質感だけではなく、性能で塗料を選ぶのも良いでしょう。


*専門の塗装会社に診断してもらう

「外壁が劣化している気がするけど、塗り替えが必要かどうか自分では分からない」
そのような方も多いかと思います。
でしたら、まずは外壁塗装の専門家に住宅を診断してもらうことをおすすめします。
住宅の診断や塗装工事のお見積もりだけでしたら、無料で行なっている業者も多いため、外壁塗装をお考えの方はまず一度様々な塗装会社に相談してみるのも一つの手です。


□さいごに

外壁は時間が経つにつれて、様々な要因で劣化していきます。
劣化が見られるようになった際には、適切な劣化対策を行うようにしましょう。

60代以上に聞いた「マイホームの寿命を縮めた」後悔1位は?

おはようございます。

今朝は久々の晴れ模様。運動会シーズンですね。

ネットニュースを見ていると面白い記事があったので引用します~


  ↓↓↓

60代以上に聞いた「マイホームの寿命を縮めた」後悔1位は?

日本の住宅の寿命は欧米各国と比べて1/3以下と、かなり短いと言われています。とはいえ定期的なケアやメンテナンスで、その寿命は大幅に延びるとの話も聞きます。

そこで今回は『WooRis』が全国に住む60代で持ち家の方437人に、「わが家の寿命を縮めてしまったと思うNG習慣」について聞きました。

念願のマイホームを手に入れた人は、すぐに建て替えといった羽目にならないように、ぜひとも参考にしてみてくださいね。

 

■第5位:シロアリ対策を行わなかった(57票)


最初はシロアリ対策。『WooRis』の過去記事「ギャー!シロアリがうじゃうじゃ増えちゃう家の特徴7つ」でも紹介した通り、シロアリ対策の薬剤は5年に1度のペースでまいてもらう必要があるといわれています。

「5年に1度も?」と驚くはずですが、日本しろあり対策協会によれば、それ以上効果の持続する強い薬剤は、かえって人体に害があると言います。

日本にいる2種類のシロアリのうち、特に本州の南岸や四国、九州、沖縄などで見られるイエシロアリに襲われた場合、100万匹近くの大群に家全体の木材を食い荒らされるといいます。

5年に1度のちょっとした費用を渋ったがゆえに、家を建て直すなど莫大なコストが必要になってくるかもしれません。くれぐれも注意したいですね。

 

同率第3位:外壁の再塗装やリフォームをこまめにやらなかった(75票)


第3位は同率で2つの回答が並びました。そのうちの1つが外壁のメンテナンス。基本的に外壁は10年に1度のペースで再塗装やリフォームが必要になると言われています。

外壁の傷みを放置すると、家の美観が大きく損なわれるだけでは済みません。ひび割れや外壁のそり返りが起こり、その部分から湿気が侵入して、内部が腐り始めます。その腐食が構造部にまで及ぶ恐れもあるのです。

また、上述の過去記事にも書かれていますが、外壁のひび割れを放置すると、割れ目からシロアリの侵入を許してしまう恐れも出てきます。

外気や紫外線、風雨にさらされて常にダメージを受けている外壁。家の寿命に大きく影響を与えますので、10年に1回の再塗装やリフォームに備えて、毎月ちょっとずつでも予算を貯蓄していきたいですね。

 

■同率第3位:屋根裏や床下の定期セルフチェックをしなかった(75票)


もう1つの第3位は、定期的な屋根裏・床下のチェック。屋根裏や床下はなかなか入りたくない印象があるかもしれませんが、重大なダメージの予兆を発見できる場所です。

ちょっと頑張って潜り込めば、屋根裏の雨漏り、床下の基礎のひび割れ、シロアリの通り道(蟻道)などを早期に発見できる可能性が出てくるのですね。

自分では入れないという女性は多いと思います。その場合はご主人に定期的に潜り込んでもらいたいですね。

 

■第2位:雨どいの詰まりを放置していた(78票)


第2位は雨どいの詰まりの放置。意外かもしれませんが、雨どいの詰まりを放置すると家の寿命が大幅に短くなると言います。

その理由として例えば、壁や屋根、基礎に長時間水がたまり、主要な構造部が腐ったり傷んだりするから。雨どいが壊れて壁面に大量の雨水が流れ出していれば、壁の内部まで湿って腐ってしまう場合もあります。

雨どいは台風や大雪で破損しやすい部位。街路樹や庭木が家屋のそばで生い茂っているお宅では、枝葉が雨どいを詰まらせてしまう心配もあります。

秋冬にかけて落ち葉が多くなる季節に入ります。雨どいの詰まりがないか、定期的にチェックしたいですね。

 

■第1位:こまめに屋内外の掃除をしなかった(79票)


第1位は、こまめな屋内外の掃除。「家の寿命に掃除は関係あるの?」と思うかもしれませんが、意外にも大きな影響を与えていると言います。

例えば庭の掃除。木材や段ボール箱、ストーブ用のまきなどを放置していると、シロアリを家の周辺に引き寄せる格好のえさになってしまいます。

家屋の周りに植えた庭木の手入れを怠ったり、使わない荷物などを山積みにしたりしていると、基礎の通気性が落ちてしまう心配もあります。

こまめな水回りの掃除や換気を怠れば、カビが発生してしまいます。冬場に窓ふきを怠って結露を放置してしまえば、窓の周辺の木々を傷める心配も出てきます。

フローリングのワックスがけなども面倒臭いと怠っていると、床板がどんどん傷んでいきます。

こまめな掃除は家のダメージを早期発見できるきっかけにもなります。室内外を清潔に保つ習慣があれば、家を大切にしようという意識も育ちますよね。

そうした日々の細かな努力の積み重ねが、結果として家の寿命に大きくかかわってくるのです。実際に多くの家主が後悔しているポイントですから、くれぐれも注意したいですね。

 

ちなみに、6位は「バルコニーや屋上の防水、排水を注意しなかった」(54票)、7位は「屋根の点検、メンテナンスをしなかった」(46票)などが挙げられていました。






私たち業者がお手伝いできるのは 第2位 まで。

第一位の『こまめに屋内外の掃除』はお家の方がするしかないですよね。

どれだけ気にするかがお家を長持ちさせるポイントです。

お家の傷みが気になったときは気軽に声をかけてください。


岐阜でお家の修理、リフォームするならフジモト建装へ~


 


このページのトップへ