HOME > 現場日記 > 岐阜県にお住まいの方へ、外壁塗装の施工の流れをご紹介します。

現場日記

< 木をピカピカにする灰汁洗いとは?岐阜県の塗装・リフォーム業者が紹介!  |  一覧へ戻る  |  外壁塗装でもらえる助成金にはどんな種類があるの? >

岐阜県にお住まいの方へ、外壁塗装の施工の流れをご紹介します。

「外壁塗装はどのような工程で行われるのだろうか。」
外壁塗装を考えている方の中で、このようなお悩みを抱えている方はいらっしゃるのではないでしょうか。
外壁塗装の手順を知っていれば、安心して工事を依頼できるでしょう。
そこで今回は、外壁塗装の施工の流れについて解説いたします。


□問い合わせをする

まず、外壁塗装をしたい場合、電話やメール・お問合せフォームから業者に問い合わせをします。
営業時間外や祝日等の問い合わせに関しては、翌日以降でかつ平日に返事が返ってきます。
早めに返事をもらうためにも、営業時間中や平日に問い合わせをすると良いでしょう。


*問い合わせ内容

「外壁がはがれてきた。」
「外壁塗装の見積もりをしてもらいたい。」
このように、どのようなことを相談したいのかを説明しましょう。
また、外壁塗装について悩んでいる場合でも気軽に相談しましょう。


□下見

事前に連絡をした日時にスタッフが現地に足を運び、現場の調査を行われます。
そこで、外壁の劣化状況などを調査します。
そして、塗装する面積を調べるために壁面のサイズを測ります。
スタッフが下見を行っている際に、ヒアリングシートの記入をしましょう。
このシートに相談したい内容やご要望などを記入すると良いでしょう。


□見積もり・契約

現地の調査を行ってから約1週間後、見積もり内容の説明が行われます。
1時間程度の時間がかかる場合があるので、時間に余裕がある日時を知らせておきましょう。
また、提示した見積もり内容で施工を行うことを決定する場合、契約を行います。
その際に、色の見本やカラーシミュレーションなどを参考にして、塗装してもらいたい色を考えます。


□足場の組み立て

工事を安全に行い、丁寧に塗装を行うために約1日かけて足場が組まれます。


□外壁の洗浄

外壁の塗装では塗料を塗る前に下地処理を行います。
なぜなら、外壁が汚れていたらうまく下地や塗料を外壁に密着させることができないからです。
そこでまずは高圧洗浄機を使って外壁を洗います。
足場の組み立てと同様に、こちらの作業も約1日かけて丁寧に行われます。


□下地処理・下塗り

窓やタイルなどの汚してはいけない部分に布やビニールなどをかぶせることを指します。
外壁のひび割れや汚れなどがあると下地処理がうまくできなくなるので、この時点で処理する必要があります。
この工程は完成に大きく影響するため、丁寧に処理されます。


□塗装

外壁塗装では、一般的に下塗りの上から上塗りをします。
上塗りでは耐久力を高め、隙間の無いように塗っていくことが重要となります。
そのため、2回塗りをすることが一般的です。


□完成

初めに組み立てた足場を解体し、清掃をします。
最後に不備が無いかどうか確認し、引き渡しをして完成です。


□まとめ

今回は、外壁塗装の施工の流れについて解説しました。
今回ご紹介した内容は一般的な事例ですので、実際の工程と異なる場合がありますが、一つの例として参考にしてくださいね。

< 木をピカピカにする灰汁洗いとは?岐阜県の塗装・リフォーム業者が紹介!  |  一覧へ戻る  |  外壁塗装でもらえる助成金にはどんな種類があるの? >

このページのトップへ