HOME > 現場日記 > 外壁塗装でもらえる助成金にはどんな種類があるの?

現場日記

< 岐阜県にお住まいの方へ、外壁塗装の施工の流れをご紹介します。  |  一覧へ戻る  |  ラジカル塗料の特徴について外壁塗装業者が解説 >

外壁塗装でもらえる助成金にはどんな種類があるの?

住宅を長持ちさせるために、定期的な外壁の塗り直しが必要なのは言うまでもありません。
防水性能や耐火性能などの機能性がある塗料も、紫外線や風雨にさらされることによる経年劣化は免れないからです。
そのため、おおむね10年に1度程度の感覚で行なうのが一般的とされています。
しかし、案外費用がかさむのが外壁塗装です。
足場を組む費用や、下地補修を行う費用、無理からぬ側面もあるのですが、出来れば少ない経済的負担で済ませたいものです。
自治体によっては助成金を交付している場合があります。
お住まいの自治体によっては助成していない場合もありますが、用意されているならこれを利用しない手はありません。
そこで、この記事では外壁塗装を行うときに利用できる助成金やその種類、手続き上の注意点などをご紹介します。

□助成金をもらうための要件

助成金は自治体ごとに適用条件や申請方法も異なっているので、塗装を検討した段階で事前に情報収集に努めることが大事です。
注意が必要なのは、事前に申請を済ませておいて自治体の審査を通過し、承認を得ておくことが必要な場合が多い点です。
外壁の塗装工事を行えば、自動的に適用対象になるわけではありません。
原則として業者に依頼する段階で助成金について検討しておく必要があります。

また、外壁を再塗装するだけでは要件を充たせないのが一般的です。
例えばエコリフォームする工事として、断熱塗料や遮熱機能などを備えた塗料を使用する一定の作業内容を含む場合、などの条件が設定されています。
これは省エネ性能を上げるなどの付加価値がある点に着目して助成事業などが展開されているからです。

□助成金の種類

助成金の制度は各自治体によって異なっていると先程述べました。
例えば、岐阜県の本巣市では、例えば住宅リフォーム助成事業の一環として、外壁塗装をはじめとした工事を対象に、経費の一部の助成を行っています。
10万円を上限として、工事費の10分の1が補助してもらえます。

□助成金をもらう手続き

助成金の交付決定までの流れをご紹介します。
まず、お住まいの自治体で申請を行い決定通知が届き助成が確定してから工事に着工することになります。
工事完了後には報告書を自治体に提出し、交付決定通知を受け取ると、後日、ようやく助成金が支払われることになります。
したがって、工事が完了してから申請していては助成を受けることができないので、事前に業者とも話し合いをしておく必要があるでしょう。
添付書類には各種の図面なども求められるので、誰に作成してもらうのかも考えておく必要があります。
地元の優良業者であれば一連の手続きを代行して行ってくれている場合もあります。
自治体ごとに交付の要件や手続きは異なっているので、自治体の広報やホームページで綿密な情報収集をしておきましょう。

□終わりに

この記事では、外壁塗装における助成金についての注意点や受け取る流れについてご紹介しました。
外壁塗装をお考えの方は是非参考にしてください。

住宅を長持ちさせるために、定期的な外壁の塗り直しが必要なのは言うまでもありません。
防水性能や耐火性能などの機能性がある塗料も、紫外線や風雨にさらされることによる経年劣化は免れないからです。
そのため、おおむね10年に1度程度の感覚で行なうのが一般的とされています。
しかし、案外費用がかさむのが外壁塗装です。
足場を組む費用や、下地補修を行う費用、無理からぬ側面もあるのですが、出来れば少ない経済的負担で済ませたいものです。
自治体によっては助成金を交付している場合があります。
お住まいの自治体によっては助成していない場合もありますが、用意されているならこれを利用しない手はありません。
そこで、この記事では外壁塗装を行うときに利用できる助成金やその種類、手続き上の注意点などをご紹介します。
 
□助成金をもらうための要件


助成金は自治体ごとに適用条件や申請方法も異なっているので、塗装を検討した段階で事前に情報収集に努めることが大事です。
注意が必要なのは、事前に申請を済ませておいて自治体の審査を通過し、承認を得ておくことが必要な場合が多い点です。
外壁の塗装工事を行えば、自動的に適用対象になるわけではありません。
原則として業者に依頼する段階で助成金について検討しておく必要があります。
 
また、外壁を再塗装するだけでは要件を充たせないのが一般的です。
例えばエコリフォームする工事として、断熱塗料や遮熱機能などを備えた塗料を使用する一定の作業内容を含む場合、などの条件が設定されています。
これは省エネ性能を上げるなどの付加価値がある点に着目して助成事業などが展開されているからです。
 
□助成金の種類
助成金の制度は各自治体によって異なっていると先程述べました。
例えば、岐阜県の本巣市では、例えば住宅リフォーム助成事業の一環として、外壁塗装をはじめとした工事を対象に、経費の一部の助成を行っています。
10万円を上限として、工事費の10分の1が補助してもらえます。
 
□助成金をもらう手続き
助成金の交付決定までの流れをご紹介します。
まず、お住まいの自治体で申請を行い決定通知が届き助成が確定してから工事に着工することになります。
工事完了後には報告書を自治体に提出し、交付決定通知を受け取ると、後日、ようやく助成金が支払われることになります。
したがって、工事が完了してから申請していては助成を受けることができないので、事前に業者とも話し合いをしておく必要があるでしょう。
添付書類には各種の図面なども求められるので、誰に作成してもらうのかも考えておく必要があります。
地元の優良業者であれば一連の手続きを代行して行ってくれている場合もあります。
自治体ごとに交付の要件や手続きは異なっているので、自治体の広報やホームページで綿密な情報収集をしておきましょう。
 
□終わりに
この記事では、外壁塗装における助成金についての注意点や受け取る流れについてご紹介しました。
外壁塗装をお考えの方は是非参考にしてください。

< 岐阜県にお住まいの方へ、外壁塗装の施工の流れをご紹介します。  |  一覧へ戻る  |  ラジカル塗料の特徴について外壁塗装業者が解説 >

このページのトップへ