HOME > 現場日記 > 外壁塗装を行う時期として最適だとされているのは?

現場日記

< ラジカル塗料の特徴について外壁塗装業者が解説  |  一覧へ戻る  |  外壁塗装の工程で行われることって?その内容をそれぞれご紹介 >

外壁塗装を行う時期として最適だとされているのは?

外壁塗装を行うのに最適な時期はいつ頃なのでしょうか。
この記事では、外壁塗装の流れと行うべき時期について解説します。

□外壁塗装の流れ

まず始めに、外壁塗装の大まかな流れはこれから家の外壁リフォームを行う時に役立つものとなるので、知っておいた方が良いでしょう。
最初に行うのは足場の設置で、足場は作業の質を向上させることや、作業者の安全性確保に繋がることなどからも、小さな家でも必ず足場を組み立てて工事を行うのが一般的となっています。
そして、塗装を行う前には高圧洗浄機を使って外壁の汚れをきれいに落とす工程があります。
塗料を塗布する際にスプレー式の塗装方法では近隣の家に飛び散ってしまうため、足場を組み立てた後には外側に養生を設置します。
養生は外部からの目隠しにもなりますが、養生を設置する目的は、水しぶきや塗料が飛び散ることを予防することです。
養生を設置した後は、外壁の高圧洗浄やメンテナンスなどを施工することになります。
高圧洗浄作業や外壁のメンテナンスを完了させた後は、下塗り材を使って外壁塗装を行います。
この下塗り材は乾燥などが必要になるため、雨が降っている時には作業ができません。
下塗り材は1度目の塗装作業で、下地と2度目の塗料の接着剤の役割を持つ重要な工程です。
大半の場合が1日で下塗り工程は完了するので、長雨が続いている時でも天気が良い時を狙って塗装工事を行うことは可能です。

□外壁塗装を行うべき時期

しかしながら、全工程を行うとなると雨が降っていない時を狙っての作業になるため、外壁塗装の最適な時期は、雨が少なく、比較的湿気が少ない時を選ぶと良いでしょう。
足場の設置や高圧洗浄作業などは、雨が降っている場合でも作業自体は行うことができ、大半の場合は余程の大雨でなければ作業を進めてることができるので安心です。
しかし、足場の設置や高圧洗浄は、小雨のような時であれば作業はできても、台風のシーズンなどは工事ができないので注意が必要です。
そのため、外壁塗装を行うのは長雨が続くような時期は控えた方が良いでしょう。

このように、最適な時期を選ぶメリットは、塗装工事を最短で完了できる点にあります。
塗装を行う前段階では、窓ガラスやサッシなどに塗料が飛び散らないようにビニールを使ってマスキングを行うことになります。
マスキングを行うと窓の開け閉めができなくなるので、空気の入れ替えを行いたい時期などは生活に支障をきたしてしまう可能性もあります。
短期間で終わる作業であれば一時的に窓の開け閉めができなくなるだけですので、工事の工程が短期間で済む、雨が少ない時期が最適なタイミングと言えるわけです。

□終わりに

外壁塗装を行う最適な時期についてまとめました。
この記事を参考にして、是非ご自宅のリフォームを行ってください。

< ラジカル塗料の特徴について外壁塗装業者が解説  |  一覧へ戻る  |  外壁塗装の工程で行われることって?その内容をそれぞれご紹介 >

このページのトップへ