キャンペーン実施中!
  • オススメサービス
  • ペンキプラス
  • アク洗い
  • マットスプレー
  • カラーシミュレーション

リフォームもお任せください!

株式会社フジモト建装
0120-116-510 受付時間9:00~19:00
24時間受付中 写真で見積もり!

■所在地
岐阜県岐阜市東中島3丁目16番6号

■対応エリア
・岐阜県
岐阜市、各務原市、関市、美濃加茂市、可児市、多治見市、羽島市、海津市、大垣市、山県市、不破、揖斐

・愛知県
一宮市、犬山市、稲沢市、江南市、小牧市、春日井市、岩倉市、清須市

株式会社フジモト建装 Facebook
株式会社フジモト建装 Twitter

HOME > 現場日記 > ためになる話 > 外壁が古くなってきた!外壁の耐用年数とリフォーム方法について!

現場日記

< 岐阜で外壁や屋根のリフォームをしたい!梅雨は避けるべき?  |  一覧へ戻る  |  最近、、 >

外壁が古くなってきた!外壁の耐用年数とリフォーム方法について!

「外壁が古くなってきたけど、メンテナンスした方が良いのかな。」
「外壁の耐用年数ってどのくらい?」

新築のようなきれいな外壁を保ちたいところですが、時間がたつと外壁は劣化します。
そのため、一定期間たったら外壁をリフォームする必要があります。

そこで今回は、外壁の種類別の耐用年数とリフォームの方法について、ご紹介します!

□窯業系サイディングボード

最近の住宅で最も主流になっており、セメント質と繊維質を使用した外壁材です。
表面上のデザインが豊富で、タイル目、レンガ調などから選べます。

耐用年数は40年で、7~8年を目安にお手入れが必要です。

□モルタル壁

砂とセメントと水を混ぜてコテで塗りつけた外壁です。
防火性に優れており、強度が強いのが特徴です。
窯業系サイディングや金属サイディングと比較して、自分好みの家に仕上げることができます。
20年ほど前には主流の外壁材でしたが、今はモルタル壁が採用されることは少なくなってきています。

耐用年数は30年で、8~10年を目安にお手入れが必要です。

□トタン壁

亜鉛メッキ鋼板の壁材です。
耐熱性や防火性に優れ、軽量で安価ですが、錆び易いことが欠点です。

30年以上前に主流の外壁材でしたが、今はトタン壁を他の外壁材に張り替える方もいます。

耐用年数は15~20年で、10~15年を目安にお手入れが必要です。

□金属系サイディングボード

表面にメッキ塗装が施された金属板で、裏側には断熱材が入っています。
そのため、断熱性や耐震性に優れていることが特徴です。

耐用年数は40年で、10~15年を目安にお手入れが必要です。

□リフォーム方法

*塗り替え

最も一般的で手軽なリフォーム方法です。
塗り替えは費用は、塗料の種類やグレードによって変動します。
基本的には、耐用年数が長い塗料だと費用が高く、耐用年数が短い塗料だと費用が安くなります。

高くても耐用性に優れた塗料を使えば、長期的に考えればお得になるかもしれません。

*張り替え

既存の外壁を撤去し、新しい外壁材を取り付けるリフォーム方法です。

廃材の処理や下地の工事が必要なので、工事金額は高くなります。
しかし、家の耐久性が上がり、新築のような見た目に変わります。

□まとめ

今回は、外壁の種類別の耐用年数とリフォームの方法についてご紹介しました。

当社、株式会社フジモト建装では、岐阜県の外壁塗装、リフォームを承っております。
工事だけでなくアフターメンテナンスや保証もしっかりとしており、お客様からの信頼を得ています。

岐阜で外壁のリフォームをお考えの方は、ご相談やお見積りなど、お気軽にご連絡ください。


カテゴリ:

< 岐阜で外壁や屋根のリフォームをしたい!梅雨は避けるべき?  |  一覧へ戻る  |  最近、、 >

同じカテゴリの記事

岐阜で塗り替えをお考えの方必見!塗料の飛散や臭いについて!

「外壁を塗り替えたいけど、臭いが気になる。」
「塗り替えの際に近所に塗料が飛んで迷惑にならないかな。」

外壁や屋根の塗装をお考えの方は、臭いや騒音など、心配なことがたくさんありますよね。

そこで今回は、塗り替えによる臭いや塗料の飛散、騒音などの疑問にお答えします!

□塗料の臭いはどうしようもない?

お子さんがいるご家庭では、塗料のシンナーの臭いについて心配している方もいるかもしれません。

その場合、水性塗料は油性塗料に比べて臭いが少ないためおすすめです。

昔は油性塗料が主流だったため、クオリティが不安な方もいらっしゃるかもしれません。
しかし現在は水性塗料のクオリティも上がり、種類も増えました。
中には、バラの香りがする塗料もありますよ。

しかし、水性塗料が全く嫌な臭いがしないというわけではありません。
そのため、工事中は窓を閉めておく、塗料の近くには近付かないなどの対策をおすすめします。

□隣の家に塗料は飛散する?

基本的には、ローラや刷毛で塗装をするため、塗料が飛散することはほとんどありません。
高圧洗浄や吹き付け作業を行う場合は、隣の家にかからないように十分考慮して行います。

業者によっては、工事の1週間ほど前にご近所に挨拶しているところもあります。

□騒音のトラブルはないの?

足場を組む際や高圧洗浄をする際は、どうしても騒音が避けられません。

そのため、工事は隣の人が仕事に行っている間にする、土日は工事を休みにしてもらうなど、曜日や時間帯を気にすることが大切です。

また、お隣の方に挨拶をする際に、あらかじめ工事の期間や時間帯なども伝えておくことをおすすめします。
一般的に、挨拶する範囲は両隣、向こう3軒、裏3軒と言われていますが、住宅が密着している場合や不安な場合はもう少し多く挨拶しても良いかもしれません。

□まとめ

今回は、塗り替えによる臭いや塗料の飛散についてご紹介しました。

塗り替えをする際に最も大切なことは、信頼できる業者を選ぶことです。

中には、塗装する回数を少なくしたり、塗料の使い方を誤っていたり、適当に対応したりする悪徳業者もいます。
そのため、契約する際に丁寧に説明してくれる、安心して任せられる業者を選ぶことが大切です。

当社、株式会社フジモト建装では、岐阜県を中心に、外壁塗装やリフォームを承っております。
ご契約からアフターメンテナンスまで、丁寧に対応いたします。

岐阜で塗り替えをお考えの方は、ぜひ一度お気軽にご連絡ください。


このページのトップへ