HOME > 初めての塗装 > 業者選びのポイントは?

初めての塗装 : 業者選びのポイントは?

まずはここを押さえたい!4つのポイント

1.建設業の許可を持っているか

500万円を下回る建設工事では、特に許可を取得する必要がありませんが、県知事許可を取るためには5年以上の経営業務の管理責任者の経験があること、国家資格または10年以上の実務経験が必要です。
許可の有無により、その会社の資金力や社会的信用がわかります。

2.リフォーム瑕疵保険登録事業者であるか

経験のない業者によるずさんな工事や、必要のない高額リフォーム、契約後に追加工事の強要といったトラブルの多発防止をねらい、国が瑕疵保険制度をつくりました。
優良店とそうでない業者の差別化を図るため、事業者登録には幾つもの審査があります。

3.会社に職人が在籍しているか

職人が在籍していなくリフォームの受注のみ行い、工事は下請け業者に丸投げするといった業者もいます。
利益を出すために下請けには無理な金額で請け負わすこともあり、下請け業者は手間のかかる下地調整を削ることも多く工事後にトラブルになることがあります。

4.見積もりには詳細が記載されているか

見積書の表紙には工事名称、工事場所、作成日、工事金額、有効期限や工事条件。
内訳明細書に工事項目別の数量、集計金額等、進むにつれ細かく表現されます。
見積もり書類の作成は一つ一つの材料と、施工する手間代の集積ともいえます。
内容がより詳細で、より明確であれば信頼でき、逆に単価や工事項目、数量等が一式で記載されている場合は注意が必要です。

塗り替えリフォームを依頼できる業者のメリット・デメリット

1ハウスメーカー、工務店

メリット

建物のプロで塗装以外でも適切なアドバイスを受けることができる。

デメリット

職人を抱えていないため中間マージンが発生し、高額になることが多い。

2インターネットの集客サイト

メリット

第三者の仲介があり、簡単に相見積もりが取りやすい。

デメリット

業者から手数料を取っている場合が多く、そのマージンが見積もりに加算される。

3地域の専門業者

メリット

専門知識が充実している。直接依頼することで品質、安価に期待ができる。

デメリット

同時に専門外の工事をする場合に知識が偏っている場合がある。

各専門業者のメリット・デメリット

1営業専門業者

メリット

シュミレーションなどの提案を得意とする。

デメリット

価格が高いことが多く、工事管理ができていないと低品質の工事になる。

2下請け手間業者

メリット

価格が安い。工事期間が短い。

デメリット

下請けで培った速さゆえ、同業が見ると「なんだこれは」な工事が多い。

3職人直営店

メリット

直接工事により適正価格で品質の良い工事が期待できる。

デメリット

特になし。

安い塗装は要注意!塗装業者が明かしたくない事実

『なるべく費用を抑えて工事をしたい』

それはすべての人に共通することです。
安いに越したことはないですが、塗装などのリフォーム工事は同じ生産ラインで工場で作られていません。
職人が現場で手作りしていて塗装は6~7割が手間賃です。想像するより手間がかかっています。
一番高い手間を削ってしまうと粗悪な工事になります。
安すぎる工事価格や、下請けの職人を扱っている業者に多いようです。
あえて手抜きされやすいところを公開します。
実際に塗装工事をされた方、安いと思った方、一度ご自身でチェックしてみてはいかがですか?
実際の手抜きを知っていただくことで本当の塗装も知っていただきたいです。

※こんな仕事をするほんの一部の業者が塗装工事自体のイメージを悪くしています。

その11回塗り仕上げ

メーカーの標準仕様、塗装の教科書通りにいくと、少なくとも上塗りは2回塗りが塗装の基本です。
塗膜をつけて素地を守るのですが、薄い膜は劣化すると素地直通です。
安価なアクリル塗料でもしっかり塗っておくと、樹脂が劣化して無くなっても膜厚があるため素地が出てくるのに時間がかかります。
抜けが無いようにタッチアップという手直し工程もあり、下地が見えるのは1回塗っただけ、もしくは質の悪い塗装の証拠です。
2度目の刷毛作業を濃いので1回塗っといたと言う訳のわからない職人さんもいます。
目の届きにくいところは比較的多く目にします。

その2使用缶数と希釈率

塗料はメーカーで標準塗布料、希釈率というものが定められています。
どんな優れた塗料も、これを守らないと十分な耐久性が得られません。
希釈は刷毛ムラを目立たなくしたり、塗りやすさを出す為必要なことですが、必要以上の希釈をすることで塗りやすさは極限まで達し、更には材料も大幅節約となります・・・
フッ素樹脂で6年で著しい退色なんてものも平気であります。
施主さんが付きっきりで見てなければわからないですので、仕様書と仕入れた缶数や塗った後の空き缶の数を確認することが大事です。

その3高圧洗浄

サイディング材などの塗装の前には必ずと言っていいほど、高圧洗浄という大事な工程があります。
高圧洗浄は150Kg/c㎡程の水圧でホコリ、苔、粉化した塗膜などを洗い流していきます。
職人さんがどこまで洗うかが肝心です。塗装の下地には汚れや埃、なるべく綺麗な方が望ましいので35坪程のお宅で屋根と壁を洗うのにまるっと1日(7~8時間)、場合によっては2日間かかります。(2.3時間で洗い終えたり、洗浄機を使わない業者もいるみたいです。)
ただ洗うだけですが塗り替えにおいては大事な工程です。

その4シーリング(コーキング)

壁材に水などの侵入を防いだり、壁の緩衝材の役目もする目地のシーリング材。
ゴムのような材質で経年で弾力あるものはやがて硬くなり、ヒビが入ったり途中で切れたりします。
打ち替えは、使用するコーキング材の専用プライマー(接着剤)、また基本2面接着で施工しないといけない為ボンドブレーカーやバックアップ材などを目地底に入れます。
築年数が新しいのに目地が著しく傷んでいる箇所等はたまに3面で引っ付いています。
サッシ等の廻りの隙間、目地のコーキングが切れていては雨水の侵入が避けられません。きちんと施工することが大切です。

その5養生や見えにくい箇所

質の悪い養生は多く目にします。
持ちに影響はありませんが美観上綺麗に仕上げるためにテープやビニールを窓やサッシ、塗らない箇所、塗り分けする部分に貼り付ける工程です。
サッシの天板部分を塗りつぶしていたり、ダダ漏れていたりすると次に塗装をするときにそれを避けて養生する場合もあり、綺麗に仕上げるためには取り除いたりと手間がかかり、職人さん泣かせです。
やはり見えないところが本当に多いです。
養生がしっかりとしている業者や職人さんは大体、仕事自体きちんとこなしています。
写真は塗ることさえしてないですね。

ページトップへ

  • WEB限定 キャンペーン実施中
  • 24時間受付中 お問い合わせ・写真で見積もり