HOME > 初めての塗装 > なぜ塗装が必要?

初めての塗装 : なぜ塗装が必要?

塗装の目的は
1. 見た目を綺麗にすること
2.素材を塗膜で守り、延命させること
この2つです。

美観上を綺麗にすることはもちろん、その素材の延命を私たち職人は一番の目的とします。
塗料は空気に晒すと反応して硬化を始めます。それが膜になり、その塗膜で素材を保護します。
その塗膜は、長年の風雨や日光にさらされてやがて粉状になり流れ落ちます。
素材が剥き出しになる前に新たに塗膜を作る必要があります。
素材が風雨にさらされる状態になると、雨水などが素材に侵入し素材の交換が要されたり、その下地の木等の交換の大きな工事になることもあります。

また、窓まわりやサイディングのつなぎ目のコーキングなど弾力のあるものはやがて硬化しヒビが入り、家が数ミリ動くことで出来てしまうクラックなどからの雨水などの侵入も避けられません。
塗装をすることは外観をキレイにすることだけではなく、ヒビや剥がれを修繕し補強をしたり、雨を弾いて浸水させないよう撥水してくれたり、塗料のもつ抗菌作用によりコケやカビなどを防いでくれます。
住まいを守っている塗装は、雨や風、赤外線にさらさされています。最近の塗料は良いものからそこそこのものまで様々ですが、おおむね寿命は10年前後といわれています。

10年目あたりを目安にチェックをしておくことは、住まいを高品質に保つ意味で重要です。
また、新築後7年未満でも、その住まいの立地状況などで、塗装膜を傷める外的要因は様々ありますので、少しでもおかしいなと思われたらチェックするようにしていただくことをオススメします。

はじめての塗り替えリフォーム

素材の延命を目的とした塗装工事、塗り替えは10年、20年前と前回に塗ったその塗膜が新たな塗膜が密着する下地となります。
素材との密着が不十分な旧塗膜は新しい塗膜を上に作っても、素材と下地から剥離が起こったときに新しい塗膜も剥がれます。
そうなると旧塗膜を完全に除去してから新しい塗膜を作ることが一番望ましいですが、すべての旧塗膜を除去するのには手間(労力)=費用が多くかかり、場合によっては不可能なこともあります。

結果、素材そのものを交換する方が費用面で安く済みます。素材を守るはずの工事が素材の交換を必要とさせることになります。

原因は的確な下地処理が不十分であったり、使用する塗料の選択ミスであったりします。
初めての塗装に限ったことではありませんが、しっかりとした現地調査や下地調整、下塗り塗料の選択など手間をかけないとならない箇所が必ずあるので費用に左右されない真面目な職人さんに頼むことが大切です。
塗装工事にかかる経費のほとんどは人件費(手間賃)です。
金額が安いとしてもある程度は手間を惜しまない工事が必要です。

はじめての塗装を考えている方は一度、フジモト建装にご相談ください!

塗装ができないケースもあります

塗装の劣化を見て見ないフリをして放っておくと・・・塗り替えが出来ない状態に!
どれも塗装をする下地(素地)が劣化しているため、塗膜が密着しません。
塗れたとしても早く剥がれが起こってしまいます。
フジモト建装では塗装不可と推定される箇所には、基材の交換や張り替えを提案させていただきます。

窯業系サイディングの腐食例

カラーベストの腐食例

こうなっては塗装をするよりより大きな金額が掛かってしまいます。
この機会に家の外壁や屋根などのチェックを行ってください。

ページトップへ

  • WEB限定 キャンペーン実施中
  • 24時間受付中 お問い合わせ・写真で見積もり